2年ぶりに開催のコミックチャンプルー飲み会は大盛況でした! 

そろそろこちらを更新しましょう!
9月8日(土)に、久しぶりにコミックチャンプルー飲み会を開きました。
会場は「ハイボール酒場たまらん」。
今回はプレモル3種飲み放題のある料理コースを選びました。
時間は夕方6時からでした!

実は飲み会の前に漫画家協会沖縄ブロック会議を行ったので、そのメンバーで会場に向かうと、すでに数名のマンガ家さんが席に着いてました。

参加したのは「実話・地名笑い?!話」の南原先生、デザイナーのとかちゃん、「ゆくいどぅくま」のかみえ宰司先生、「こちら南国ドライブ日和」のさんじょう先生、日本漫画家協会沖縄ブロックのパッカレ先生、表紙でおなじみの、たこらいす先生、おきなわ文学賞「骨董虹彩堂」や「エマージェンシーです、杏子さん」原作の諸見里杉子先生、ファミマガ「キセキの少年」の未来あずさ先生、「沖縄の昔ばなし」の未来野唯先生、「クメ婆さん」の上原麻実先生、「昼のスマイリーサロン」のスマイリーさん、「守護神ゴーレス」の、みかつきなお先生&ぜんざいナオミ先生、吉本興業芸人の宮川たま子さん、日本漫画家協会沖縄ブロック新会員の、うやまつかさ先生、「なんだこりゃ沖縄」の、わうけいさお先生、笑顔絵のKOAさん、ビール部長、小学生で作品を掲載してる盛口海くんとお母さん、ヒューマン卒業生の又吉さんと職場のお仲間さん、劇作家の亀島靖先生、宇宙戦艦ヤマト背景の玉盛さん、「紅い花」の琉紅さん、イラストレーターの諸見朝敬さん、映画監督の中江祐司さん、週刊漫画「カマ弁」の田名俊信先生、メディアプレイスの瑞慶覧さん、コミックおきなわで短編を描いていた、いしがきたかこ先生、そして私。もし、抜けてる方がいらっしゃればすみません、私まで連絡下さい!

一通り皆さんが揃ったところで自己紹介。

ですが、今回は大味ちょうじ先生と小浜晋先生がお亡くなりになったので、始めに黙祷を行いました。

さて、ここからは酔っ払ってから写真撮影。
みなさんを撮影できなかったのが残念ですが、とりあえず取れた分だけ掲載します!

皆さん、マンガ家さん同士交流出来てとても喜んでいたようです!
どうもありがとうございます!
懐かしの激論も聴けて楽しかったです!

そして飲み会は大盛況のうちに終了。
今回来れなかった方は、また次回!

南原明美先生が出てくれました!『昼のスマイリーサロン』9月14日(金)

先週の金曜の「昼のスマイリーサロン」の様子です。
「昼のスマイリーサロン」は、南の島沖縄から発信しているFMレキオの番組です。
コミックチャンプルー は毎月第2金曜日に出させてもらってます!

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

9月はゲストに南原明美先生をお迎えし、楽しい時を過ごしました!

南原先生といえば、「実話・地名笑い⁈話」でおなじみですね!
まずは毎回恒例の南原先生の自己紹介、そしてマンガ家になったきっかけ、「実話・地名笑い⁈話」の制作秘話などをお聞きしました。
今回は特に本部町に「実話・地名笑い⁈話」の営業に行ってきたので、その様子を話してもらいました。

私からはゆいレールまつりやマンガ家飲み会などの報告と、コミックチャンプルー サイトのアップ情報を話しました。

曲は南原先生のリクエストはPSY.Sの「パラシュートリミット」、シングライクトーキングの「Steps of love」。
私からのリクエストは人間椅子の「萬灯篭」から「此岸御詠歌」1曲のみでした。

そして10月14日(金)は、たこらいす先生が登場予定!
その後は未定なので、出てみたいと言う作家さんは編集部まで連絡してくださいね。

http://comichan.com/?page_id=13

次回もお楽しみに!

「 ゆいレール祭り2018」に似顔絵で出ました! 8月18日(土)開催でした!

毎年コミチャンも似顔絵で参加してる「ゆいレール祭り」が8月18日(土)に行われました!

イベント案内でも紹介したように今回も本社で開催!
今年も工場見学や、工作車の体験試乗もあって、親子で遊びに来た方が大勢いました!

そして今年の似顔絵も編集長、南原明美先生や、大浜先生が参加。
今回の似顔絵も昨年同様、ゆいレールの制服をプリントした物に描くというものでしたが、用紙はゆいレールさんが用意してくれました!
受付もゆいレールの職員の方々がやってくれて、スムーズで余裕で描けましたね。
今年も室内で描いたので、外は暑くて賑やかでしたが、室内は静かで落ち着いて描けましたよ。

大浜先生は似顔絵は難しいと言ってましたが、とても繊細な美しい絵を書いてました!
描いてもらったお客さんも喜んでました!
南原先生も綺麗にペン入れした絵でしたが、スピードアップしてました!

昼食時間も取ってくれて、ゆっくりお昼を味わえました!

帰りは3人で私の車に乗ってドライブ気分で国際通りを通ったりして楽しかったです!

とても楽しかったので、来年もあるようでしたらまた参加したいです!

8月10日(金)は神野オキナ先生が出てくれました! 『昼のスマイリーサロン』

ちょっと報告が遅れましたが、毎月第2金曜の「昼のスマイリーサロン」の様子です。
「昼のスマイリーサロン」は、南の島沖縄から発信しているFMレキオの番組です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

8月はゲストに神野オキナ先生をお迎えし、楽しい時を過ごしました!

神野オキナ先生といえば、アニメ作品にもなった「あそびにいくヨ!」のライトノベルを書いたことでも有名ですね!
ですが、先生は忙しい身なので、80分ほどの出演でした。
その後は私が思い切り話しました。

まずは神野オキナ先生の自己紹介、そして小説家になったきっかけ、「カミカゼの国」、「あそびにいくヨ!」などをお聞きしました。
実は、私は神野オキナ先とは大学生の頃、那覇タワー17階にあった「スカイラブ」でお会いしてました。
その頃の先生は、可愛らしいマンガを描いてました。
「スカイラブ」は床が回る円形の喫茶店で、壁にノートを置いていたので、それに絵を描くオタクの皆さんが集まるサロン的な存在でした。
そこからマンガ家デビューした方も結構いらっしゃいます。
そして、神野先生が小説家として活躍してるのが嬉しいですね!

先生がお帰りになってからは、私はビールイベントの報告と、コミックチャンプルー サイトのアップ情報を話しました。

曲は神野先生のリクエストは「あそびにいくヨ!」のテーマ曲。
私からのリクエストは人間椅子の「萬灯篭」から「此岸御詠歌」1曲のみでした。

そして9月14日(金)は南原明美先生が登場!
その後は未定なので、出てみたいと言う作家さんは編集部まで連絡してくださいね。

http://comichan.com/?page_id=13

次回もお楽しみに!

ピンクの新帯納品してきました!「実話・地名笑い?!話」

先々週になりますが、那覇市内の書店に再納品してきました!
置かせて頂けた書店さんは

・TSUTAYA壺川店さん
・リウボウブックセンター・リブロさん
・丸善ジュンク堂書店さん
・ふくら舎(桜坂劇場1F)さん

そして「Fly High!〜琉球コラソン物語〜」も納品&置いていただいたのは

・リウボウブックセンター・リブロさん
・丸善ジュンク堂書店さん
・ふくら舎(桜坂劇場1F)さん

です。
欲しい方は上記書店でお買い求め頂けるとありがたいです!
コミチャン事務所にはまだ在庫がありますので、欲しい方は直接ご連絡いただいてもOKです!

また、書店さんからは新刊を求められました。
何とか出せるよう頑張りたいと思います!

行ってきました!(公社)日本漫画家協会 ブロック長会議・総会・第47回日本漫画家協会賞贈賞式

さて今日は、先週東京に行ったメインイベント「第47回日本漫画家協会贈賞式」の様子です!

今回は動画をちょこちょこ撮ってみたので、映画の予告風にまとめてみました!

式のプログラム&受賞内容は以下をどうぞ!

そして、詳しい様子はこちらを見て下さいね!

http://nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7260

http://nihonmangakakyokai.or.jp/?tbl=event&id=7261

今回は動画にまとめたので手抜き感は有りますが、挑戦ということですみません!
ともあれ楽しい贈賞式でした!

6月8日(金)みかつきなお先生が登場しました!『昼のスマイリーサロン』

先週の金曜日に放送された「昼のスマイリーサロン」の報告です。

昼のスマイリーサロン♪

ゲストは「守護神ゴーレス」のみかつきなお先生でした!
出演していただきどうも有り難うございます!

みかつき先生は初登場ですね!
主な内容は、

・みかつき先生の自己紹介
・みかつき先生の作品について
・「守護神ゴーレス」について

でした。

みかつき先生はバンド活動もしていて、リクエスト曲はオリジナル曲でした。
小説も歌詞の延長で書いているというのが面白かったです!

「守護神ゴーレス」は実はかつてコミックチャンプルーで連載していましたが、サイトの体制が変わる時に無理矢理連載を終わってもらったことがあります。
申し訳ないと思ってましたが、それはそれで「第一部」ということにするというお話をしてました。
長期連載になると思うので、今後の展開が楽しみですね!

私からはコミックチャンプルー更新情報として

・「昼のスマイリーサロン」関連多数UP
・沖縄県産本フェア開催
・新作更新情報

などを報告。

そして私のリクエストは、ちょっと「守護神ゴーレス」に近い、人間椅子の「未来浪漫派」から「深淵」。
みかつき先生はバンドのオリジナル曲「パーントゥ」でした。

次回の放送は7月13日(金)

です!
ゲストは未定なので、出てみたいマンガ家さんはコミックチャンプルーで連絡ください!

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?
次回もお楽しみに!

「ボーダーインク図書目録二〇一八年夏」が届きました!

ボーダーインクさんから届いた目録の紹介です。

実は先週の水曜日、「沖縄県産本ネットワーク」の総会があり、ボーダーインクの池宮さんからこの目録を預かりました!

ボーダーインクさんのサイトはこちらです。

http://www.borderink.com

この目録はボーダーインクさんが出版した本を、より抜きで掲載した目録です。
新刊はもちろん、歴史・文化、エッセイ・コラム、ヒューマン・ドキュメンタリー、ノンフィクション、住まい、野山の草花、植物、沖縄の食文化を知る、爆笑ショートコラム、怪談・ホラー・都市伝説、民俗・文化、うちなぁぐち・琉球の言葉、写真集・ビジュアルブック、詩歌、文学・小説、文芸評論、随筆・コラム、子供と楽しむ、社会・経済、実用・お役立ち、学術・専門書と、ありとあらゆる沖縄の事柄を出版しています。
コミックチャンプルー も見習いたいですね。
うちでは「実話・地名笑い⁈話」の資料として、地名学会の本をよく利用してます。
あと、人間椅子のポスターをボーダーインクさんの会社に持って行って貼ってもらったり。

そして、ボーダーインクさんの本が欲しい方は、上部目録を参考に、書店やHPで手に入れてはいかがでしょう。

南原明美先生からチラシが届きました!「小山田いく先生 作品の電子書籍化決定!」

南原明美先生から届いたチラシの紹介です。

実は南原先生が出演した今月の「昼のスマイリーサロン」の放送の時、このチラシを預かりました!
これは小山田いく先生の作品を、有志の方々により電子書籍化したものの告知用です。
電子化への動きは東京、内容チェックは小山田先生の地元の長野県、そしてラジオでも紹介してましたが、このチラシは沖縄の南原先生がデザインしたそうです。
日本を又にかけての作業だったようですね。
この電子本が欲しい方は、上部チラシモノクロ部分の「配信予定の書店様」を参考に手に入れてはいかがでしょう。

『昼のスマイリーサロン』5月11日(金)南原明美先生が登場しました!

先週の金曜日に放送された「昼のスマイリーサロン」の報告です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは「実話・地名笑⁈話」の南原明美先生でした!
出演していただきどうも有り難うございます!

この時期の南原先生は、もはや毎年恒例になりつつある旅の報告です。
主な内容は、

・南原先生がお母さんと一緒に行った、大阪造幣局の「桜の通り抜け」
・長野のお寺(名前忘れました。どうも住みません!)
・小山田いく先生を偲ぶ会の報告

でした。

とても充実した旅だったらしく、羨ましくなりましたね。
もっと聴いていたかったのですが、あっという間に時間が過ぎました。
私は個人的にお土産にビールをいただきました!
南原先生どうもありがとうございます!

途中、稗田おんまゆら先生からのメールとリクエストも届いて、スマイリーさんも盛り上がりました。
稗田先生、どうもありがとうございます!

私からはコミックチャンプルー更新情報として

・コミックチャンプルー スペシャルインタビュー 人間椅子
・稗田おんまゆら先生の12星座占い 5月
・新作更新情報

などを報告。

そして、私のリクエストは、沖縄ライブ用に演奏した人間椅子のライブ盤「疾風怒濤」から「黒猫」。
南原先生はアーティスト名は忘れましたが、スティングのカバー「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」でした。

次回の放送は6月8日(金)

です!
ゲストの方は交渉中です!
他にも出てみたいマンガ家さんはコミックチャンプルーで連絡ください!

お問い合わせ

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?次回もお楽しみに!

コミックチャンプルー スペシャルインタビュー 人間椅子

4月7日(土)に桜坂セントラルで行われた人間椅子ライブ。19年ぶりの沖縄ライブは、「おどろ曼荼羅 人間椅子 2018年春のワンマンツアー」の一環として行われました。しかも沖縄ライブのみオープニングアクトに「地獄車」が参加。場を沸かせてからの人間椅子の登場は、盛り上がりが一気に頂点へ。待ちに待った沖縄のファンは指笛で喜びを表現! アツイ夜となりました。インタビューはその翌日の午前中に実施。沖縄ならではの話や、コミックチャンプルーならではのマンガについても聞いてみました。また、「地獄車」のボーカル下條スープレックスホールドさんもコメントを寄せて頂きました。

取材・文/島袋直子

 

興奮冷めやらぬ沖縄ライブ翌日の午前中、次の会場へ移動直前にインタビューを実施。お忙しい合間を縫ってお話を聞かせて頂きました。

−−沖縄をツアーに選んだ理由は何ですか?

ナカジマノブ(以下:ノブ) 高良レコードさんが企画を考えてくれて、イベンターさんに人間椅子に連絡つきますかと。連絡をもらって、この辺りでできませんかと頂いた日程が、たまたま僕らのツアーがこの日程だったので、すり合わせたらうまくハマることができました。

−−今回のライブで沖縄用に選んだ曲はありますか?

和嶋慎治(以下:和嶋) 人間椅子として来たのが19年ぶりじゃないですか。1999年に来たきりだったんだけど、その間にアルバムをいっぱい出してるから、そのブランクを埋める感じにしたいと。セットリストは、ツアーはローテーションでやるんですけど、それ以外の曲をやりたいなと。他の会場でやらない曲でやったのは「芳一受難」と「黒猫」ですね。「黒猫」は19年前もやったと思います。

−−実際にライブをしていかがでしたか?

和嶋 前に来た時はすごいアツかったと思います。各地いろんな盛り上がり方があって、土地なりのアツイ盛り上がり方をしてくれるんですけど、沖縄はもう外国に来たみたいな感じ。日本人とノリ方が違う。南国っていうのかな。凄いエネルギーだなと。今回もきっとそうなるんだろうなと思ったら、それ以上にアツイというか。ホントに待っててもらえたんだと感じられて、やってて楽しかったです。

鈴木研一(以下:鈴木) 沖縄の人がやる指笛「ピュー」ってやつ、あれが歓声の中から聞こえて、沖縄に来たっていう感じがしましたね。他のライブでは絶対鳴らない音だから。みんなやるんですか? 沖縄の人は。

−−よくやりますね。

ノブ 僕は1度、すごい前に別のバンドで来たことがあったんですけど、それはちょっと特殊なライブだったんで、沖縄の人の前でちゃんとライブやったのはほぼ初めてなんですよ、昨日が。なので、想像以上に盛り上がってくれたのが第一印象。で、ドラムは皆より数歩後ろじゃないですか。だけど僕の所まで届くアツさがありましたね。1曲1曲すごい喜んでくれてるなっていうのがね。

−−今回のライブは19年前と比べてどうでしたか?

和嶋 お客さんの感じでいうと、19年前は自分たちも19歳若かったんで、若い女性が多かったというか。まだイカ天の余波があったというか。今回は男が増えたなーと。やっぱロック好きの人に聴いてもらえるのが一番嬉しいので、地元のロックファンの男の人が多いのかなと。ホントに自分たちがずっとロックをやってるのを認識してもらえたんだなと。19年前以上に思えました。

鈴木 19年前は、お客さんはもっと少なかったと思いますね。だから沖縄はまだキツイのかなと思ったんですけど。昨日はたくさん来てくれたから、また来れるなっていう印象でしたね。

−−曲作りで沖縄を意識したり、参考にしたことはありますか?

和嶋 いやそれは無い(笑)。何故かというと、沖縄を参考にした曲作りする人がいたとして、差し障りがあると申し訳ないですけど、地元の人がそれやるならすごくリアリティあると思うんですよね。もちろん一つの音楽スタイルだから、リスペクトという意味で全然やっていいんですけど。とはいえ東北出身の二人には、血の中に入ってないんですよ、南の感じってのは。血肉となってないものを出すっていうのはちょっと。ルーツである北っぽいのをやった方が説得力がある。そっちをやっていこうと思いますね。南のものはこうなんだろうなと思うけど、それをその通りにはなかなかやれませんね。「ピー」とかすぐやれないもの、東北の人は多分。黙っちゃうんですよ。そういう行動をすぐ出せないんですよ、北の人間は。スゲーなと思いますよ、こっちの人は。楽しいだろうなと、毎日が(笑)。

−−オープニングアクトとして「地獄車」さんが出ましたが、いかがでしたか?

和嶋 助かりました。僕たちのことも好きでいてくれてたみたいで、一緒にステージを作り上げたという気はしますね。最初にすごくお客さんを盛り上げてくれて、出やすかったんですよ。あと体型、ああ沖縄の人なんだなって感じがした(笑)。横にこーなってて(笑)。体はゴツくてちょっと怖そうに見えるけど、気持ちが優しい人たちなんだと。だから楽屋でも、向こうは緊張されてたみたいだったけど、こっちは全然緊張することなくリラックスできました。あと、鈴木くんが感動してたあの……。

鈴木 彼らはいつもライブで試割りで板を割るのを、昨日は瓦にしてくれて。瓦は高いからあまりやらないって言ってたけど。自分らの音楽を売り込もうってことでライブはしてるだろうけど、それと同時に場をあっためようという気持ちがすごい伝わって、なんて優しい人たちなんだろうと思ったんですよね。MCも人間椅子って出してくれてたし、時間も巻いてくれちゃってたりして。なんか申し訳なかったなと。すごい気を使ってもらいました。

ギター・ボーカル 和嶋慎治

 

ライブ前日に沖縄入りしたメンバー。皆さんそれぞれ沖縄を楽しんだようです。

−−沖縄で行きたい所は行けましたか?

和嶋 行き足りなかった。自分はとにかく着いたら走りたかったんですよ。沖縄本島をね。前回は日にちがあって、バイク借りて結構色々回れたんで、今回もちょっとだけでもそれやりたいと思って。雨降ってたんですけど、たまらずバイク借りて。南の方を回って「ひめゆりの塔」とか行ったりして。やっぱ良かった。海沿い走ってみて沖縄来たなーって、そこで実感できました。

鈴木 前回連れてってもらった首里城近くの沖縄そば屋さんがすごいおいしかったんで、その感動をもう1度と思って、自分で歩いて知らない店に入ったらすごい不味くて(笑)。沖縄だから沖縄そばが旨いかっていうとそうでもないんだとわかって(笑)。口直しに「市場本通り」に行って。これも僕の大好物のサトウキビジュースは青臭くて旨かった。青臭いもの大好きなんで。サーターアンダーギーでしたっけ、あれも東京と比べると全然旨かったです。イベンターの人はタコライス食ったほうがいいですよって言うんで、食ったら全部旨かったですよ。沖縄そば以外、全部旨かった(笑)。

和嶋 グルメ1点いいですか。美味しいのあった。バイクでグルッと回った時に、ひなびたスーパーがあったんだよ。イオンとかそういうのじゃなくて地元のスーパー。そこ入って晩ご飯買おうとして、何とかイリチーみたいのがいっぱいあったので、それ買ってホテル帰って食べたらすごく美味しかった。

鈴木 イリチーって何?

−−炒め物のことで、沖縄方言でイリチーと言います。

和嶋 昆布とか、切り干し大根みたいなのとか、名前は全然わからなかったけど、似たようなものがいっぱいあって、イリチーですよ多分。それが味付けがとても甘くて美味しかったです。

鈴木 普通にイリチーって言葉使って沖縄の人みたいじゃない(笑)。

和嶋 昨日覚えた。

ノブ 僕は行きたい所に行けてしまったので(笑)。そういうの調べたりするのが好きで、ネットでここ行きたいなって調べて、到底今回では行ききれない数になっちゃったから絞ったんです。で、僕マンホールカードとかダムカード集めてるんで、もらえる時にもらいたいなって。着いた日が平日の金曜日で、その日しか行けない「那覇浄化センター」まで歩いて行って。でもちょっと迷っちゃって、もうあと1時間ぐらで閉館ってところで、最後の20分小走りでした。そこで汚泥タンクとか見学して(笑)。マンホールカードもらって。

食べたいものも僕、食べられちゃったんで、すごい感激してるんですよ実は。沖縄ライブ満喫しちゃったなみたいな(笑)。一番食べたかったのは有名なジーマーミ豆腐。あと「お食事処みかど」のチャンポン食べたかったんですよ。チャンポンって僕らが考えると「チャンポン麺」じゃないですか。それが違う食べ物だったんで、これは食べてみたいなって。美味しかった。ちょっと甘めの味付けだったんですけど、野菜炒めみたいなのを玉子とじにして、丼になってるじゃないですか。ご飯も併せてビールに合った(笑)。僕は食べたものが全部肌に合ったのか、美味しかったんですよ。特にソーキそばは東京で食べるのは全部ニセモンだと思うよ。麺が全然違って、向こうで食べてもそこそこかなと思ってたんですけど、こっちで食べたのは全部旨くて。ソーキそばだけでも4杯食べました(笑)。

他にも初日の夜に県庁近くの沖縄家庭料理屋さんに行ったんですよ。金曜日と土曜日は三線の弾き語りやってるって知らないで行ったんですけど、僕が座ったすぐそばでやってて。その店歌詞カードとか、三板(サンバ)って打楽器が置いてあって、みんなにそれをやれやれって配ってたんですよ。すごい気持ちよくなっちゃって。半分トリップしながら三板でずっとセッションしてました(笑)。

ダムにも行きましたからね。「漢那ダム」とか、「金武ダム」とか。那覇市内の「金城ダム」とかいいですね。首里城の壁を意識して作ったんですよね。石畳みたいな。

あと、色のすごい魚の刺身食べたいと思って。グルクンとか。「名護市営市場」の食堂で刺身定食食べたんですけど、それがすごい色の刺身が湯引きとかしてあって。青とか、なんか7色みたいになってましたけどね(笑)。それもすごい美味しかったですね。歯ごたえがあって、皮の部分が美味しかったですね。

和嶋 満喫してますね。

ノブ また次回に行きたい所があるんですよ。「ガンガラーの谷(洞窟)」に行きたいなーと思って。次回はそういう方を攻めてみようかと。今回はダムとかマンホールとか食べたいもんに行ったんで。次は歴史的なところとか自然に行ってみようかと。だから絶対また来ますよ(笑)。

−−他にも次回沖縄に来たらやりたいことはありますか?

和嶋 僕は多分バイク乗ると思うんですけど。今回は下の方しか回れなかったから、時間あるなら本島1周したいですね。あと石垣島に神と対話できるユタっていうんですか? すごい有名な人いるんだって、おじさんで。オカルトとかのイベントに出ると、石垣島にそういう人がいるってみんな知っててその話題になるんですけど。で、地球が何度か(笑)危ないって時期があったらしいんだけど、その石垣島のおじさんが祈ることによって、地球の滅亡を救ってるっていう(笑)。有名な人がその界隈にはいて、会いたいと思ってたんですよ。だから時間ある時を見つけて石垣島に行ってみたい。そのお方にお会いしたいです。

鈴木 全然リサーチできてなくて、どこがいいとかわかんないですけど、もし時間があるなら、山とか行って見たことないような虫を見つけたいと思うんですけどね。虫とか花とかそういうの見るのが好きだから。普通に庭先に今も真っ赤な花が咲いてますよね。よくスロットとかにも出てくるハイビスカスも咲いてるところもありますよね。4月でこんな。

ノブ あと僕は「美ら海水族館」行ってみたいなと。あと、居酒屋さんでステーキ食べたんですけど、ステーキ屋さんでステーキを食べたいと思って。あと、コザに行ってみたいですね。街がアメリカだって聞いたんで。

ベース・ボーカル 鈴木研一

 

マンガのサイトであるコミックチャンプルー 。せっかくなので皆さんにマンガについて聞いてみました。

−−好きなマンガは何ですか?

ノブ 僕はもう、日野日出志先生が全て好きです。先生の作品だったら、イラストだろうが、ショートショートだろうが、長編だろうが、ちょっとした雑誌に書いてるコラムだろうが、大好きです! 日野日出志先生のものなら。最近の「BUBKA」って雑誌に吉田豪さんが日野日出志先生のインタビューやってて、それに人間椅子のことも書いてあるんですよ。

和嶋 おお。繋がりましたね。

ノブ (笑)。書いてあった。人間椅子とか非常階段。

和嶋 そうね、だからノブ君が日野日出志好きだってんで、「幻色の孤島」って曲作ったもんね。

ノブ うん。

和嶋 マンガに着想得た曲もありますよ。あと俺、「ゴルゴ13」が好き。あと諸星大二郎とか。あと伊藤潤二も好きです。

鈴木 もういっぱいみんなが言ったから、俺は普通に流行ってるものとか。今、テレビとかよく出るような東村アキコ先生のマンガが大好きですね。「海月姫」も好きだし、「かくかくしかじか」っていうやつがすごい好き。あと浦沢直樹先生のマンガは全部大好きですね。スポ根ものが好きなんですよ。俺、柔道とかやったことないのに柔道マンガ大好きなんですよ(笑)。

和嶋 「がんばれ元気」とかダッシュなんとかとかやたら言ってるもんね、鈴木君。

鈴木 ダッシュとは言ってねえけど、「がんばれ元気」は僕のバイブルですよ。ボクシングもやったことないけど、ボクシングマンガ大好き。

和嶋 マンガの話いっぱい出てくるね。俺、車マンガ好き。「湾岸ミッドナイト」とか、「頭文字(イニシャル)D」とか好きですよ。全部読みましたよ。

ノブ 逆にそれしか読まなかったりするもんね。

和嶋 面白いと思うんだけどね。1回がカムシャフトについてだけ語るみたいな回とか。面白いと思うんですど。

ドラム・ボーカル ナカジマノブ

 

終わりに沖縄の人間椅子ファンに向けて、次回の沖縄ライブへの意気込みと今後の活動を聞いてみました。

−−また沖縄ライブを行うとしたら、ファンへメッセージはありますか。

和嶋 「なまはげ」みたいな曲があったりとか、割と北国に着想を得た曲が多いんですけど、沖縄の人には無いテイストが自分たちにはあると思うんで、その辺をまた楽しんでもらえればなと思いつつ。で、ロックの楽しさは世界共通だと思うんで、アツイ部分は伝わると思います。一緒にロックを楽しみましょう。

鈴木 前回19年前ってことで、19年かけて来たけど、もっと短いスパンで来たいなと思いますね。やっぱり自分らのアンプで、自分らのドラムセットで、いつもの音を沖縄の人に見せたいから、これからはフェリーがいいと思ってんだよね(笑)。フェリーで来たいですね。安全性もそうだけどさ、アンプの音がね。

和嶋 まあね。

鈴木 自分のでやりたいんですよね。

ノブ    次はそうしたいね。僕は「ウチナーンチュ」とか、一言ぐらい沖縄の言葉でMCしたいなって。

−−最後に一言お願いします。

ノブ  来年が30周年なんで。

鈴木 そこでフェリーで来るかもしれない。

ノブ  それは僕は心の中でもう考えてる(笑)。多分作品とかも、30周年に向けて作るんで。

和嶋 そうですね。

ノブ  期待してもらって。

和嶋 リリースは必ずするんで。そこでまた来れたらいいな。

 

2018年4月7日(土)沖縄ライブセットリスト

      1. 1.宇宙からの色
        2.りんごの泪
        3.ねぷたのもんどりこ
        4.品川心中
        5.命売ります
        6.芳一受難
        7.見知らぬ世界
        8.洗礼
        9.黒猫
        10.悪夢の添乗員
        11.雪女
        12.針の山
        アンコール.なまはげ

 

オープニングアクトの「地獄車」さんからもコメントを頂きました。

地獄車ボーカル下条スープレックスホールドのさんコメント

人間椅子様のライブを、五感をフル回転させ、肉眼で見逃さず、一言も聞き漏らさずにライブに見入ってました。

人間椅子様は、私たち地獄車の目指す、日本語ロックの完成形であります。そして活動の仕方も含め、私達の今後の方向性を後押ししてくれた気がします。

私たちも人間椅子のようになりたい、そう決意した日でありました。

人間椅子様、ありがとうこざいます。

また沖縄へメンソーレ!

 

人間椅子プロフィール

和嶋慎治  (ギター・ボーカル)

鈴木研一  (ベース・ボーカル)

ナカジマノブ(ドラム・ボーカル)

青森県「弘前高校」の同級生であったギターの和嶋慎治と、ベースの鈴木研一により結成。コンセプトは、BLACK SABBATHなどの70年代ブリティッシュ・ハード・ロックのサウンドに、あえて日本語の歌詞を載せるというもの。津軽地方の方言や津軽三味線の奏法も導入。バンド名は、江戸川乱歩の小説より。1989年TBSテレビ「イカすバンド天国」に出演し、1990年にメルダックより「人間失格」でメジャー・デビュー。その後、ドラムのメンバーチェンジやレコード会社移籍を経て、現ドラムのナカジマノブが2004年に正式加入。2013年に「OZZFEST JAPAN 2013」に出演し再ブレイク。現在までオリジナルアルバム通算21作、ベスト盤4作、ライブ盤2作を発表。2018年はBSジャパン連続ドラマJ「三島由紀夫命売ります」の主題歌を担当。4月、初のMV集「おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~」(Blu-ray / DVD)をリリース。

人間椅子オフィシャルサイト http://ningen-isu.com

 

リリース情報

『おどろ曼荼羅~ミュージックビデオ集~』

4/4(水)発売
Blu-ray Disc:¥3,704(税別)  TKXA-1119
DVD:¥2,778(税別)TKBA-1251
全16曲

とても遅くなりましたが「闘牛戦士ワイドー」の主題歌記者発表に行ってきました! 3月22日(木)

今度は記事を書くのが大変遅くなって申し訳ありません!
遅くはなりましたら、コミックチャンプルー も「闘牛戦士ワイドー」を応援し栄光と思います!

実は編集部にも主題歌発表記者発表のメールが届いて、行ってきました!

主題歌発表記者発表が行われたのは、うるま市の「うるま市石川多目的ホール(闘牛場)」。
この記者会見は一般の方も入場可能で、場内は小学生や幼稚園生など子供たちでいっぱい!

今回も記者発表は伊波大志さんの司会でスタート。
伊波大志さんは、闘牛実況アナウンサーで、「闘牛戦士ワイドー」の生みの親ですね。
お客さんに向けて「ヒーヤイ! ヒーヤイ‼ ヒーヤイ‼」のヤグイの練習を呼びかけました。

そして、うるま市長である島袋俊夫さんのご挨拶。
うるま市の伝統闘牛活性化にお礼を述べました。
撮影は勝連城跡や海中道路など、うるま市内の各地がロケ地となったそうです。
「主題歌はHYで、闘牛文化の発信になれば」とのこと。
うるま市全面協力で、市を挙げての取り組みのようです。

続いて脚本家の山田優樹さんと監督の平一紘さんより作品説明。
ストーリーは人間をに牛に変えるという怪人「ウシナー」と、闘牛好きで、不思議な能力を手に入れた名嘉眞勢矢が戦いを展開するというもの。
牛舎を巡り、皆さんがどれだけ闘牛を愛してるかを取材し、それをドラマに落とし込めたらとのこと。

そして出演者の小橋川健さんと山川未菜さんのご挨拶。
役はオーディションで選ばれたことを話してくれました。

そして闘牛場にワイドーやその他のキャラが登場!
迫力の殺陣を見せてくれました!
客席にも敵キャラが登場し、観客はビックリ!

 

そしてメインの主題歌発表はうるま市出身のロックバンド「HY」。
オープニングの「MAX」とエンディングのを披露しました!

最後はフォトセッションとなり、記者発表は終了。
その後は招待された保育園や幼稚園児たちと記念撮影していました!

放送はもう3話まで進んでますね。
毎週土曜日にやってるので、まだ見てない人は今からでもチェック!
公式HPであらすじを後悔してますよ!

闘牛戦士ワイドー

http://waido.net/index.php#news

2018年4月7日〜6月9日
毎週土曜10:25〜10:55(全10話)
RBC琉球放送

南原明美先生「第8回 なは市民芸術展」奨励賞インタビュー

ベント案内で予告したとおり、南原先生の取材に行ってきました!
私が訪れたのは本日10月30日(金)。
入り口にはドーンと「第8回 なは市民芸術展」の看板がお出迎え。
受付から入場すると会場いっぱいに入賞作を展示。
南原先生が受賞した作品「実話・地名笑い?!話」は「美術部門 デザイン」コーナーに鎮座?!
会場全景1.jpg
会場全景2.jpg
会場の休憩用の椅子に腰掛けてインタビューを開始!
ーーこの展示会に応募したきっかけは何ですか?
南原:去年、マンガで出品した方がいて、これもいいのかと思って、私の作品である「実話・地名笑い?!話」を応募しました。これは私がマンガを描いてますが、デザインも私が行なってるので、それも含めてマンガ単行本を出しました。これにポスターや広告もトータルでデザインということで出したんですが、受賞したのは単行本だけでしたね。
ーー受賞した感想はいかがですか?
南原:マンガを出品するのは珍しいケースと思うので、不安の方が大きかったです。それが奨励賞でビックリ! JAGDA(公益遮断法人日本グラフィックデザイナー協会)の知り合いのデザイナーさんも奨励賞で展示されてるので、その方と同じ賞なんだともうビックリで! 嬉しいです!
南原さんインタビュー1.jpg
ーー知ってる読者も多いと思いますが、この作品の特徴を南原先生から説明して下さい。
南原:ひとことで言うと「マンガ版探偵ナイトスクープ」です! 最初は知り合いから聞いた地名に関する笑い話で行こうと思いましたが、タクシーの運ちゃんがいいネタくれたので、調査する価値ありかと。厚かましくも自分を主人公にして。顔は実物とかけ離れてますが(笑)
ーーこの作品に取り組んで良かった事は?
南原:地名に興味があるとはいえ、一人でここまでは調べられなかったですね。編集長に追い立てられ…。マンガでの取り組みのライフワークになりました。
南原さんインタビュー2.jpg
ーー作品で大変だったところは?
南原:デザインは表4(裏表紙のこと)にマンガのコマを細かく切り取ってフォトショップで貼り付ける作業が地味に疲れました。背表紙も書籍デザインが初めてだったので、本の厚みが何ミリになるかわからず大変でした。印刷屋さんに厚さ何ミリか出してもらいましたけど。
マンガは毎月連載だったので、1ヶ月のスパンの中で取材してプロットを起こして、原稿に取り掛かる作業だったので、ネタが尽きるとキツかった。
ーー無理やり手がかりを拾って次へ繋げましたもんね。
  では、この作品の見どころは?
南原:主人公のナンさんも取材してますが基本素人なので、どこにどう出るかそのライブ感を読者の皆さんにも楽しんでもらえればと思います。
ーー最後に読者へのメッセージを!
南原:受賞した勢いでもっとこの本をPRしたいです。マンガの元となった南風原町の本部、そして本部町にもご挨拶したいですね。
   保栄茂編もおまたせして申し訳ありません! 他の仕事と調整しつつ、ジワジワと進めていきたいと思います!
チョウケイ&南原.jpg
ここで実行委員の諸見さんにもコメントをいただきました。
写真左の方です。
「この作品は取材力や絵も高評価でした。写真に頼らずほとんど絵に起こしてるのも凄いです。十分に取材を行っている仕込みの凄さに限りますね」
と、かなりの好感触。
これは南原先生だけでなく、コミックチャンプルーも受賞した作品と言っても過言ではなさそうですね。
最後に南原先生からの動画コメントですといきたい所ですが、初めてだったので失敗しました。
どうもすみません!
では、11日まで開催してるので、まだ見てない方はぜひ!
作品展示前.jpg

 

「きらっと 」編集部の皆さんが登場しました!『昼のスマイリーサロン』4月13日(金)

先週の金曜日に放送された「昼のスマイリーサロン」の報告です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは介護・福祉のフリーペーパー「きらっと」編集部の徳盛さんと皆川さんでした!
実は「きらっと」の6号から私も編集担当することになり、ラジオ出演をお願いしました。
お二人とも出演していただきどうも有り難うございます!

今回は「きらっと」編集部の皆さんは後半からの出演だったので、前半で人間椅子ライブ報告やコミックチャンプルー報告を行いました。

主な内容前半は

・小浜晋先生の思い出
・人間椅子ライブ報告
・コミックチャンプルーアップ情報
・12星座占い読み上げ

を行いました。

「小浜晋先生の思い出」は、実は小浜先生は急にお亡くなり、スマイリーさんから連絡があって告別式に行って来ました。
小浜先生のご冥福をお祈りします。

「人間椅子ライブ報告」は、ライブの様子、打ち上げの様子、インタビューの様子を報告。
近々インタビュー原稿をアップする予定なので、お楽しみに!

後半の「きらっと」編集部の皆さんは

・自己紹介
・「きらっと」とは
・フリーペーパーを出そうと思ったきっかけ
・読者の反応
・本づくりで大変なこと
・良かったこと

などを話してくれました。

徳盛さんはラジオ番組を持ってるので、プロのように軽快にトーク。
皆川さんは初めてということで緊張してました。

そして、私のリクエストは、沖縄ライブ用に演奏した人間椅子のライブ盤「疾風怒濤」から「芳一受難」。
徳盛さんは美空ひばりの「お祭りマンボ」、皆川さんはグリーンのタイトル忘れました。でした。

次回の放送は5月11日(金)

です!
GW明けですね。
ゲストの方は交渉中です!
他にも出てみたいマンガ家さんはコミックチャンプルーで連絡ください!

お問い合わせ

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?次回もお楽しみに!

編集長ブログです。「沖縄ラフ&ピース専門学校」入学式に行ってきました!

昨日の4月9日(月)、「沖縄ラフ&ピース専門学校」の入学式に行ってきました!

どんな学校かは

コミックチャンプルーにも「沖縄ラフ&ピース専門学校」の募集パンフレットが届きました‼︎

をご覧ください!

実は、この学校のマンガコースの講師紹介を、コミチャンでも行いました。
7名ほどのマンガ家さんを紹介したところ、漫画家協会で沖縄に移住してくる、うやまつかさ先生に決まりました。
その流れで入学しにに呼ばれました!

入学式は新築の学校内で行われ、教室の閲覧会も兼ねてました。
新しい教室で沖縄れた入学式は、司会がガレッジセールでさすが、よしもとというかんじでした!
新入生もキラキラしてましたよ!
ご挨拶した皆さんのお話は、どれも素晴らしいものでした!

帰りに2Fの図書コーナーを見たらマンガがぎっしり。
1Fは子供食堂を兼ねてるようで、カップ入りのおしゃれなポーク玉子ご飯をいただきました!
1F・2Fは誰でも利用できるようなので、マンガを読みに行こうかと思います!

紹介が遅くなってしまいましたが、ボーダーインクさんからチラシが届きました!「御願の道具と供えもの事典」

紹介が遅くなりましたが、ボーダーインクさんの新刊の紹介です。

実は南原先生と1月にボーダーインクさんにご挨拶に行った時、このチラシを預かりました!
今頃の紹介で申し訳ありません!

沖縄の仏壇等の行事で困った時に大活躍間違いなしの1冊です。
もうそろそろ浜下りがの行事がやって来ますが、まずはその時に役立ちそうですね。

この本が欲しい方は、書店へGO!
通販ならこちらを参考に!

通信販売

 

御願の道具と供えもの事典

『御願の道具と供えもの事典』

稲福政斉 著
発行:ボーダーインク
167mm×215mm  128頁(オールカラー)
定価(本体2,200円+税)
ISBN978-4-89982-330-8
お問い合わせ:tel 098-835-2777  fax 098-835-2840

くわしい解説、写真でよくわかる。『沖縄しきたり歳時記』の著者が、沖縄の年中行事やしきたりに欠かせない道具や供えものの手引書を刊行しました。

丁寧でわかりやすく、かつ道具と供物についての専門的な知識にもとづいて書かれた本書は、なにかと迷うことの多いウユミシチビ(年中行事)やウスーコー(法事)の指針となることでしょう。

3月9日(金)は日本漫画家協会沖縄ブロックのパッカレ先生&大浜先生が登場しました!『昼のスマイリーサロン』

さて、先週の金曜日に放送された「昼のスマイリーサロン」の報告です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは日本漫画家協会沖縄ブロックのパッカレ・アレクサンドル先生と大浜英太郎先生でした!
パッカレ先生と大浜先生は沖縄ブロック会議の際にラジオ出演をお願いしました。
出演していただきどうも有り難うございます!

今回は大浜先生の提案で、フランスのマンガ事情等をパッカレ先生にお話してもらいました。
主な内容は

・自己紹介
・フランスのマンガ事情
・「バンド・デシネ」とは?
・フランスでの日本のマンガ
・日本のマンガとの比較
・沖縄マンガについて
・これから描いてみたいマンガ

などをお聞きしました。
特に「バンド・デシネ」はバンド状にコマが連なった状態とのことで、日本のマンガとのコマ割りの違いが面白かったです!
他にも漫符や効果線、擬音等も使用せず、背景をきっちり描いてた「バンド・デシネ」ですが、最近は日本のマンガの影響で描いてる作品も増えてるとか。
ジャンルもSFファンタージーが多く女性向け作品が少なかったそうですが、日本の少女マンガ入ってきて大いにウケたとか興味深い話が聞けました!

「これから描いてみたいマンガ」では、大浜先生はジャンルを飛び越えた作品を書きたいとか。
どんな作品になるのか楽しみですね!

そして私からは

・人間椅子ライブの案内
・コミックチャンプルーの掲載情報
・事務所修繕のお知らせ

を話しました。
今回は事務所修繕で時間が合わないこともあり、サイトの更新があまりできなかったので、これからは増やしていきたいですね!

そして、私のリクエストは、沖縄でのライブが決まった人間椅子のニューアルバム「異次元からの咆哮」から「虚無の声」。
パッカレ先生と大浜先生はリクエストはナシでした。

次回の放送は4月13日(金)

となります!
13日の金曜日ですね。
ゲストの方は交渉中です!
他にも出てみたいマンガ家さんはコミックチャンプルーで連絡ください!

お問い合わせ

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?次回もお楽しみに!

「おきないちゃー」第12回おきなわ文学賞漫画部門2席受賞作品 沖縄ファミマサイトで掲載!

お待たせしました!
やっと沖縄ファミリーマートサイトで掲載されました!

第12回おきなわ文学賞漫画部門2席
(沖縄県文化振興会 理事長賞)受賞作品
おきないちゃー

https://www.okinawa-familymart.jp/article/detail.html?aid=14405

マンガ:せながえりな

いやー、長かったですね。
やっと載って嬉しいです!

せなが先生からコメントが届きました!

せながえりな先生のコメント

読んでいただく方へ
読んだ後に少しでも、
楽しい気持ちになって頂ければ嬉しいです!
ユイマールの輪が広がりますように
あいらぶうちなー!٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

です!

お話を聞いてみると、初めてマンガを描いたのが入賞したようです。
作者の体験を元にして描いてるとか⁈
すごいですね!
今後、コミックチャンプルーでも描いて貰えるかもしれないので、お楽しみに!

2017年は募集がなかったのが残念ですが、今後はあるかもしれないので、みなさん要チェックです!

『昼のスマイリーサロン』1月12日(金)は「実話・地名笑い⁈話」の南原明美先生が登場しました!

掲載が遅くなりまして申し訳ありません!
今月の「昼のスマイリーサロン」の報告です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは「実話・地名笑い⁈」の南原明美先生でした!
南原先生とは年始の挨拶回りに行って、その延長というかノリで出てもらいました。
どうも有り難うございます!

南原先生のお話は、

・自己紹介
・新年の抱負
・今後の「実話・地名笑い⁈」について

などをお聞きしました。
特に「実話・地名笑い⁈」は保栄茂編が途中なので、それを始めから再掲載して、読者の皆様に思い出して頂きながら続きを楽しんでもらおうという感じです。
いよいよ動き出すので楽しみですね!

私からも

・コミックチャンプルーの新年の抱負
・会社としての新年の抱負
・スマイリーサロンとしての新年の抱負
・お知らせ

を話しました。
今年は新作を増やしていきたいですね!

そして、私のリクエストは、沖縄でのライブが決まった人間椅子のニューアルバム「異次元からの咆哮」から「悪魔の添乗員」。
南原先生はタイトルを忘れました。

次回の放送は2月9日(金)

となります!
ゲストの方は未定です!
出て見たいマンガ家さんは私まで連絡ください!

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?

次回もお楽しみに!

コミックチャンプルーも広告出してるFMよみたんから「FMよみたん第20号」が届きました‼︎

読谷のコミュニティFMのFMよみたんさんから、番組案内の「FMよみたん第20号」が届きました!

http://www.fmyomitan.co.jp

なんと、昨年11月1日で開局1周年なんですね。
今年は記念すべき10周年になりますね。

中面には番組表はもちろん、オススメ番組の他に、ふるさと納税やプレゼント、イベント案内も!
読谷村のFM曲ですが、本島南部や本部町あたりまで聴けるようです。
それ以外ならインターネットラジオで同時配信してるので、全国どこからでも聞けますね!

FMよみたんさんといえば、このコミックチャンプルーサイトでもバナー広告を出していて、うちでもFMよみたんさんにCMを流してもらってます!
ちなみに今月(2018年1月)のコミックチャンプルーCM放送時間帯は

月/10:45、21:45
火/8:45、14:40
水/16:29、21:15
木/10:15、19:15
金/12:45、10:15
土/10:15、18:45
日/7:15、14:15

です。
周波数は

78. 6MHz

です!

聴けそうな方は聴いてみてくださいね!
そして、次号が届きましたら、また掲載したいと思いますのでお楽しみに!

遅くなりましたが「 ゆいレール祭り2017」に似顔絵で出ました! 11月26日(日)開催でした‼︎

報告が遅くなりまして申し訳ありません!
なんとか、年内に報告しておきますね。

毎年コミチャンも似顔絵で参加してる「ゆいレール祭り」が11月26日(日)に行われました!

イベント案内でも紹介したように今回は本社で開催!
工場見学や、工作車の体験試乗もあって、親子で遊びに来た方が大勢いました!

そして今年の似顔絵は編集長、南原明美先生や、大浜先生が参加。
今回の似顔絵も昨年同様、ゆいレールの制服をプリントした物に描くというものでした。
受付はゆいレールの職員の方々がやってくれて、とてもスムーズに描けましたね。
しかも今年は室内で描いたので、外は雨でもゆっくり落ち着いて描けましたよ。

スタートから参加したのは私と大浜先生。
大浜先生は似顔絵は初めてのようでしたが、とても繊細な美しい絵を書いてました!
描いてもらったお客さんも喜んでましたよ!
30分ほどして南原先生も参加。
無料で描いてもらえるので、昼食以外は休む間も無く描くという感じで大盛況でした。
今年も毎年似顔絵を描いてもらいにいらっしゃるファン方もいらっしゃいましたね。

楽しかったので、来年もあるようでしたらまた参加したいです!

遅くなりましたが『昼のスマイリーサロン』12月8日(金)は劇画漫画家の安良城孝先生が登場しました!

掲載が遅くなりまして申し訳ありません!
今月の「昼のスマイリーサロン」の報告です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは劇画漫画家の安良城孝先生でした!
この日は私とスマイリーさんは安良城先生から練りのど飴をいただきました!
どうも有り難うございます!

安良城先生のお話は、

・自己紹介
・作品づくりについて
・マンガ家になったきっかけ

などをお聞きしました。
マンガ家さんには参考になるお話ばかりでしたね。

そして、私のリクエストは人間椅子のニューアルバム「異次元からの咆哮」から「異端者の悲しみ」。
安良城先生はタイトルを忘れました。
懐メロなど3をチョイス。
私の服装は、今回は着物でした!

次回の放送は1月12日(金)

となります!
ゲストの方は未定です!
出て見たいマンガ家さんは私まで連絡ください!

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?

次回もお楽しみに!

著作権セミナーを開く高木先生が登場しました!『昼のスマイリーサロン』11月10日(金)でした!

先週の金曜日でした。
「昼のスマイリーサロン」です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは著作権セミナーが明日に迫った、行政書士の高木先生でした!
この日は高木先生はこの放送のためだけに、大阪から来沖してくださいました!
どうも有り難うございます!

高木先生のお話は、

・行政書士のお仕事とは?
・著作権とは?
・どんなところで著作権が発生する?
・一般の方が著作権を扱う時に注意することは?
・漫画家など、作者は著作権をどう扱ったらいい?
・人気キャラを貸しのパッケージにするなど、第3者や業者が著作権を扱う時の注意点は?

などをお聞きしました。
マンガ家さんには参考になるお話でしたね。

そして、私のリクエストは人間椅子のニューアルバム「異次元からの咆哮」から「虚無の声」。
高木先生はタイトルを忘れました。
しっとりとしたインストや奄美の唄など3曲を放送。
私の服装は、今回は着物でした!

次回の放送は12月8日(金)

となります!
ゲストの方は安良城孝先生です!
そして、いよいよ著作権セミナーは明日ですね!

まだ申し込んでない方はお早めに!

「印刷・広告業務のための 著作権・知的財産権入門」11月15日(水)開催! マンガ家さんも必見です!

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?

次回もお楽しみに!

10月13日(金)は南原明美先生が登場しました!『昼のスマイリーサロン』報告が遅くなりまして申し訳有りません!

またもやいつの間にかもうかなり時間が経ってしまいました。
どうも申し訳有りません!
「昼のスマイリーサロン」です。
今月からコミチャンの日が毎月第2金曜日に変わりました!

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは「実話・地名笑い⁈話」の南原明美先生でした!
この日は南原先生が6年ぶりに行ったという保栄茂の祭り「マチボウ」と、「実話・地名笑い⁈話」の重版にちなみ、重版マンガの紹介を行いました。
南原先生は保栄茂の祭り「マチボウ」は一人で行ったそうですが、なかなか見応えがあったようです。
前回は私も一緒に行ったので、次回はまた誘って欲しいですね!

重版マンガは「重版出来!」と「重版未定」を紹介。
どちらも編集部を舞台としていて、ウチアタイするものが…。

そして、私のリクエストは人間椅子のアルバム「羅生門」から「もっと光を!」。
南原先生はマリーゴールデンバーグの「美しい船」など。
リスナーからのリクエストも届いてました!
私の服装は、骨折の痛みが強まったので洋服でした!

次回の放送は11月10日(金)

となります!
ゲストの方は行政書士の高木泰三さん!
著作権についての講演会のPRを兼ねて登場です。
皆さんも著作権についての質問を、番組宛に送ってもいいかもしれないですね。

「印刷・広告業務のための 著作権・知的財産権入門」11月15日(水)開催! マンガ家さんも必見です!

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?

どうぞお楽しみに!

10月5日(木)に実は「闘牛戦士ワイドー」の記者発表に行ってきました! 

記事を書くのが遅くなって申し訳有りません!
実は編集部にも記者発表のFAXが届いて、行ってきました!

 

記者発表が行われたのは、うるま市の「生涯学習・文化振興センター ゆらてく」。
記者発表は伊波大志さんの司会でスタート。
伊波大志さんといえば、闘牛実況アナウンサーで、自費で「闘牛戦士ワイドー」のキャラクターを作って闘牛を盛り上げてる大の闘牛好きで有名すね。
子供の頃から闘牛と生活していたそうです。

まずは代表の「ワイドーaiプロ株式会社」代表取締役 新垣壮大さんのご挨拶。
テレビドラマ「闘牛戦士ワイドー」は来年の4月予定で放送は2018年4月から琉球放送で始まるとのこと。
撮影はもう終了していて、勝連城跡や海中道路など、うるま市内の各地がロケ地となったそうです。
「ドラマを通じて、うるま市を盛り上げたい。闘牛を盛り上げるために作ったヒーローで、観光や経済に役立てれば」とのこと。

そして脚本家の山田優樹さんと監督の平一紘さんより作品説明。
脚本監修は「ウルトラセブン」などの作品を手がけた上原正三さんが担当だそうです。
ストーリーは人間をに牛に変えるという怪人「ウシナー」と、闘牛好きで、不思議な能力を手に入れた名嘉眞勢矢が戦いを展開するというもの。
監督の平さんは脚本の山田さんのお誘いで参加したとか。
伊波さんと牛舎を巡り、皆さんどれだけ闘牛を愛してるかを取材し、それをドラマに落とし込めたらとのこと。
山田さんはワイドーが気になっていて伊波さんに声をかけたとか。

 

  

そして出演者のご挨拶。
主役の名嘉眞勢矢は、沖縄出身の俳優、小橋川建(たつる)さん。
「伊江島で闘牛ではないが、牛を飼ってる。実際の闘牛の牛舎でも牛の世話の体験をさせてもらった」とか。
友達役の天願ガイは平隆人さん。
「実際に闘牛の世話をした。牛飼いの人々の熱い想いを感じた」とのこと。
子役の伊波ゴウは兼城歩睦くん。
「初めてオーディションで選ばれた。泣く芝居が難しかった」とコメント。

 

 

主題歌はうるま市出身のロックバンド「HY」。
楽曲はこれからで、「力強く作りたい。ワイドーの思いを曲に落とし込んで、うるま市を元気にできれば」や「ヤグイの緊張感、パワフルさを楽曲に」など意気込みを伺わせました。

他にも、ワイドーのコスチュームデザインを担当した漫画家の丹羽庭先生を紹介。

また、ビデオメッセージでは、主人公勢矢の師匠役、ダチョウ倶楽部の肥後さんが出演。
「先生役は初めて。脚本は結構シビアで、シリアスやアクションもあり、子供はもちろん大人も楽しめる」とのこと。

質疑応答では角川アップリンクさんからオーディション数について質問。
役者は県内、東京、書類審査で約300人の中から選出し、1次審査、2次審査、スカイプも使ったとか。

 

 

そしていよいよヒーロースーツが登場!
赤いスーツがワイドーで、黒いスーツが怪人ウシナーです!

最後はフォトセッションとなり、記者発表は終了。
放送が楽しみですね!

報告が遅くなりまして申し訳有りません! 9月13日(水)はマンガ研究の大城冝武先生が登場しました!『昼のスマイリーサロン』

いつの間にかもうかなり時間が経ってしまいました。
「昼のスマイリーサロン」です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

ゲストは大城冝武先生でした!
この日はほとんど大城先生のお話を紹介。
子供の頃からマンガが好きだったことや、マンガ研究をはじめたきっかけ、沖縄マンガについてなど。
スマイリーさんも大城先生の年代なので、昔のマンガの話に懐かしそうにしていました!
放送では流れない曲中の会話も、先生が研究してる意味論等の話が聞けて、とても面白かったです!
マンガの構成にも通じる話だったので、いつか講習会を開いてみたいですね。

ですが、大城先生の話が盛り上がりすぎて、サイトの更新情報等の案内がすっ飛んでしまいました。
どうも申し訳有りません!

私のリクエストは人間椅子のアルバム「黄金の夜明け」から。
リスナーからのリクエストもたくさん届いてました!
私の服装は、着物復活でした!

そして来月からコミチャンの日が毎月第2金曜日に変わります。
実は、後期からヒューマンの授業が水曜日に移動したので、放送は金曜日に移動でお願いしました!

次回の放送は10月13日(金)

となります!
ゲストの方がまだ決まってないので、出てみたいというマンガ家さんはご連絡いただけるとありがたいです!

お問い合わせ

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?

どうぞお楽しみに!

県立図書館で夏休みに行いました!「子ども似顔絵教室」

記事を書くのが遅くなってしまいました。
どうもスミマセン!
さて今日は、8月19日(土)に県立図書館で行われた「子ども似顔絵教室」の様子を書きましょう!

  

似顔絵教室の時間は午前10時より12時までで、会場は3階研修室でした!
コミックチャンプルーのマンガ家さんからは、くしろあき先生(ビール部長)が参加してくれました!
写真も撮ってもらいましたよ。
まずは担当の前原さんの司会で副参事兼奉仕班長である、垣花さんによるご挨拶でスタート。
私の紹介もしてくれて、前原さんからは注意事項と進み、今回は1時間で帰るグループもあると説明がありました。

 

そしていよいよ教室がスタート!
まずは早く帰るグループもあるので、ざっと自前のテキスト全体を説明。
テキストには担当の前原さんの似顔絵を描いて、それを使いました!
図書館なので、参考文献の紹介もしましたよ。

 

続いてホワイトボードに書きながら、みんなで一緒に書くスタイルで進行。
最初は顔のベースとなる円形を説明し、会場を一回り。
次に円の中心に十字線を引いて、目や鼻、口と顔のパーツの配置を説明して一回り。
この要領で鉛筆下書きまで行ったところで早く帰るグループが退場しました。

  

会場はちょっと淋しくなりましたが、ここからペン入れ、着色、完成へ。
似顔絵を初めて描くという方いましたが、皆さんかなりの集中力で、説明より次の段階を早く教えて欲しいとホワイトボードまで迫ってくる小学生や、コピックを持って行ったので「借りていいですか」とプロの道具を使いこなす小学生、参考文献の本を貸してくださいと参考にする人など、皆さん熱心に最後まで書き上げました!
親御さんも一緒に参加なさった方もいらして、親子で似顔絵を描き合ってる方もいました!
書き上げた作品は県立図書館さんが用意してくださいましたラミネート加工で完成!
後半までいた皆さんは、全員時間内に完成できました!

  

今回の似顔絵教室は皆さんがとても喜んでくれて、私もやりがいがありました!
描き上がった作品は力作ばかり!
小学生の作品は面白い仕上がりになったので、私の絵よりいいなと思いましたよ!
とても楽しかったので、またやってみたいですね!

夏休みの宿題には使えたかな?

8月9日(水)『昼のスマイリーサロン』今回もスマイリーさんと二人きりかも?

いつの間にかもう明日に迫ってしまいました。
「昼のスマイリーサロン」です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

とりあえず7月12日(金)の放送をザックリと。
ゲストはナシでスマイリーさんと二人きりでした!

この日は6月に行われた(公社)日本漫画家協会の贈賞式の様子を中心に紹介。
サイトの更新情報等も案内しました。
リクエストは人間椅子の「人間失格」アルバムから。
私の服装ですが、この日は骨折のため洋服でした。

 そして8月の放送はもう明日の水曜日ですね!

今月もスマイリーさんと二人きりです!
今回は、実はコミックチャンプルーが今月で満10なったので、その軌跡を中心に話そうかと思ってます!

また、番組ではリクエスト曲を受け付けているので、どんどんリクエストしてはいかがでしょう?

どうぞお楽しみに!

第46回日本漫画家協会贈賞式に今年も行ってきました!

記事を書くのが遅くなってしまいました。
どうもスミマセン!
さて今日は、先月東京に行ったメインイベント「第46回日本漫画家協会贈賞式」の様子を書きましょう!

  

 

2017年6月17日18時より、第46回日本漫画家協会贈賞式が、帝国ホテル光にて行われました。
まずは理事長である、ちばてつや先生によるご挨拶でスタート。

今回の大賞は、2名が受賞。
つげ義春先生の「つげ義春 夢と旅の世界 他一連の作品」新潮社ほか、クリ・ヨウジ先生の「クレージーマンガ」ふゅーじょんぷろだくと。
優秀賞は、武田一義先生の「ペリリュー −楽園のゲルニカ−」白泉社。
特別賞はサトウサンペイ先生の「フジ三太郎他全作品」。
文部科学大臣賞は、今年は該当なしです。

選考の解説は理事の皆さんから発表。
大賞の、つげ義春先生については弘兼憲史先生が解説。
「画風に影響を受けた。審査員一致で対象に。今日はいらしてないのが残念」とコメント。

クリ・ヨウジ先生についてはヒサクニヒコ先生から「この作品を88歳で500ページも描き上げたのが凄い。自由なカートゥーンの集大成」と解説。

武田一義先生については、マンガライターさんから「多くの人が衝撃を受けた。戦争体験の実感が無い人にも感銘を受ける」と述べました。

サトウサンペイ先生についてはちばてつや先生から「4コマという狭い世界に、風刺・お色気などを創作し、審査員全員から感謝したい」と解説。

そして賞状と記念品の授与へ。
賞状は一文字一文字ちばてつや考えて書いたものを、ちば先生が読み上げてから授与。

 

引き続き受賞者からのコメントへ。
つげ義春先生は欠席なので、代わりに新潮社の方から「つげ先生は受賞を喜んでいます。これまで賞に縁がなかったので。今日は来る予定でしたが、突然ギックリ腰になってしまい、新潮社の方に出てもらいました」と語りました。

クリ・ヨウジ先生は「アイディアがなかなか出てこなくて、女のヌードを書いたらそこからアイディアが出た。『11PM 』でやってたら、いつの間にかエロチックばかり描いていた。一コママンガを描こうとするが、今でも女の尻を描いてる。この先四つん這いになっても描いていく」とコメント。

武田一義先生は「ここに立ってるのが不思議です。『ペリリュー』はまだ連載中で、この先完結まで、賞に恥じないよう頑張ります」とコメント。

サトウサンペイ先生は「昭和のくすんだ作品に賞を与えてくれて感謝。受賞の手紙が家に来た時、受賞理由を読むと涙がこぼれ、『マンガ家から感謝』に声を上げて泣けた。嬉しい。長い間振り返ると、先輩が引き上げてくれた。今はその方はいないが、感謝の気持ちでいっぱい。」と、語りました。

そしてしばし歓談の時間。

     

そのうち余興が始まり、バロン吉元先生による不思議な踊り、ビッグ錠先生によるタップダンスが披露されました。

 

そして会は終了。
楽しい贈賞式でした!

遅くなりましたが、『昼のスマイリーサロン』は、6月9日(水)の未来あずさ先生が出ました!

いつの間にかだいぶ時間が経ってしまいました。
紹介が遅くなりまして申し訳ありません!
「昼のスマイリーサロン」です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

いつもは第2水曜日の放送ですが、今回は日程を移動して6月9日(金)の放送でした。
ゲストは未来あずさ先生でした!

この日はロックの日!
堂々と人間椅子をかけてもらうチャンスです!

そしてこの日は先月好評だった、おすすめマンガを持ち寄ってもらいました。
スマイリーさんにも、おすすめマンガを持ってきてもらいました!

私からは、栗原まもる先生(原作/池上永一)の「風車祭(カジマヤー)」、あきてつお先生「クースー」、うえやまとち先生の「クッキングパパ」を紹介。
リクエストは人間椅子の「踊る一寸法師」アルバムから「モスラ」「エイズルコトナキシロモノ」。
私の服装ですが、この日も袴のクリーニングが間に合わなくて洋服でした。

スマイリーからもおすすめマンガを紹介してもらいました。
古いマンガ雑誌の「ガロ」や手塚治虫の「火の鳥」の表紙の「COM」など。
未来あずさ先生からもおすすめマンガを紹介してもらいましたが、こちらもメモをとるのを忘れたので、タイトルも忘れました。
ドウモスミマセン!
携帯連載や、バイク漫画など面白そうな作品でした!
未来あずさ先生のリスエスト曲もメモをとるのを忘れたので、タイトルも忘れました。
ドウモスミマセン!
でも筋肉少女帯もあったな。

そして来月はいつもの第2水曜で、放送は7月12日(水)です!

リクエストやメールもお待ちしてますので、どんどん送ってもらえるとありがたいです。
よろしくお願いします!

5月10日(水)『昼のスマイリーサロン』は、南原先生、未来野先生が出て女子会ノリでした!

もう先週ですね。
紹介が遅くなりまして申し訳ありません!
「昼のスマイリーサロン」です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

今回は、第2水曜日の5月10日(水)放送でした。
ゲストは「実話・地名笑い?!話」の南原明美先生、「沖縄の昔ばなし」の未来野唯先生でした!

実はこの日、機械のトラブルでいつものスタジオの隣の操作室から放送スタート!
カウンターに肩をくっつけ合ってましたが、入れたのはスマイリーさん、私、南原先生の3人。
未来の先生はいつものスタジオで待機でした。

そしてまずは長野県と東京に行った南原先生の旅の報告から!
東京のミュシャ展と、長野県でのマンガ家さんの追悼&交流会の模様を報告。

この日は各自、おすすめマンガを持ち寄ってきたので、私からは、みうらじゅんの「カスハガの世界」を紹介。
リクエストは人間椅子の「無限の住人」アルバムから「地獄」。
あ、写真の私の服装ですが、この日は袴のクリーニングが間に合わなくて洋服でした。

そうこうしてるうちに、機械が復活していつもの部屋へ移動。

南原先生からもおすすめマンガを紹介してもらいましたが、メモをとるのを忘れたので、タイトルも忘れました。
ドウモスミマセン!
未来野先生からもおすすめマンガを紹介してもらいましたが、こちらもメモをとるのを忘れたので、タイトルも忘れました。
ドウモスミマセン!
お二方のリスエスト曲もメモをとるのを忘れたので、タイトルも忘れました。
ドウモスミマセン!

そして、稗田おんまゆら先生から、放送を聽いているとメールが届きました!
リクエスト曲は「四つ竹」でした!
スマイリーさんも出演者皆も大喜びでした!
稗田先生、聽いてくださりどうもありがとうございます!

そして来月はいつもの第2水曜からコミチャンの時間が移動します。
放送は6月9日(金)です!
まだゲストは未定です。
出てみたいマンガ家さんも名乗りを上げてくださいね!
リクエストやメールもお待ちしてますので、どんどん送ってもらえるとありがたいです。
よろしくお願いします!

5月3日(水)より和宇慶勲先生の連載コラムが八重山日報で始まりました!

紹介が遅くなりまして申し訳ありません!
連載コラムの紹介です。

https://www.yaeyama-nippo.com/

コミックチャンプルーでお世話になっている和宇慶勲先生の連載コラムが5月3日(水)より、毎週連載が始まりました!
タイトルは「フィクション世界の沖縄」です。
和宇慶先生といえば、ボーダーインクから出している「なんだこりゃ〜沖縄!」が有名ですね!

全国誌のマンガ・映画・雑誌の中の<味わい深く描かれた沖縄>を求めて書かれた研究書?!で、つい笑ってしまいます。
八重山日報でもマンガ関連のコラム連載となっています。
もう、今週で2回めですね!

第1回目を読んでみたら、西銘元知事とマンガの関係が書かれてました!
第2回目はまだ読んでませんが、面白い発見が期待できそうです。
読んでみたい方はぜひ、八重山日報水曜版を見て下さいね!

パッカレ先生が出てくれました! 4月12日(水)『昼のスマイリーサロン』

紹介が遅くなりまして申し訳ありません!
「昼のスマイリーサロン」です。

http://www.fmlequio.com/information/201407161041/

今回は、第2水曜日の4月12日(水)放送でした。
ゲストはフランス人の翻訳家、パッカレ先生でした!

まずはパッカレ先生の自己紹介!
パッカレ先生は(公社)日本漫画家協会沖縄ブロックの会員で、日本のマンガをフランス語に翻訳しています。
日本にやってきて翻訳のお仕事を始めたそうで、日本の中でも沖縄に憧れて移住してきたそうです。

パッカレ先生からは翻訳のこだわり、フランスのマンガ事情、ジャパン・エキスポなどについて語ってもらいました!
フランスではマンガ全般のことを「バンドデシネ」というそうで、私も本を持って行きましたが、ストーリーマンガは1コマずつ丁寧に着色され、芸術作品という感じです。
日本のマンガの影響を受けたのはあの「AKIRA」からだそうで、モノクロの線画のタッチを活かしたマンガも出てきたそうです。

そして沖縄のマンガについて聞いてみたら、コミックチャンプルーが沖縄にあるのを知った時、嬉しかったそうです!
どうもありがとうございます!
マンガのネタとしては歴史物が読んでみたいそうです!
コレはぜひ実現させたいですね!

リクエストは人間椅子ライブ盤「「威風堂々~人間椅子ライブ!!」」から「今昔聖」をかけてもらいました!
皆さんもリクエストしてみてくださいね!

そして来月の5月10日(水)はまだゲストは未定です。
出てみたいマンガ家さんも名乗りを上げてくださいね!

まだアップしてませんでしたね。ヒューマンアカデミー那覇校卒業パーティー

おっと、これをアップするのがまだでしたね。

3月8日(水)はヒューマンアカデミー那覇校の卒業式でした。
会場はパレット市民劇場でした。
式典の様子の写真はないですが、卒業パーティーの模様の写真をアップしましょう!
会場は国際通りのおきなわ屋の上の「イベントミュージアムファイブ」でした。

まずは照屋さんと私のツーショット!

そして屋比久くんとは私と大城先生の2バージョン!

 

そして比嘉くんとツーショット!

照屋さんと比嘉くんは2017年度も研究生としてヒューマンで学びます。
今期もよろしきお願いします!

しかも!!
この時は参加しなくて写真もありませんが、今期から未来野唯先生もマンガ専攻の講師として教鞭をとります!
楽しみですね!
担任の下地先生、大城先生、未来の先生、私と連携授業ができそうなので、新たな展開ができそうです!
皆さんよろしくお願いします!

そしておまけの1枚!

これは卒業パーティー後に大城先生と二人でヘリオスで飲んだビールです。
その後もヘベレケでハシゴしました!