おきなわのむかしばなし 識名坂の遺念火

おきなわのむかしばなし 
識名坂の遺念火

こはま しんや (作), こはま すすむ (絵)

電子書籍の買い方はこちら

540円(税込み)

※「「内容紹介」からタイトルの内容をご確認のうえ、ご購入ください。

内容紹介

【絵本の内容】

沖縄の首里の南に識名坂という地名があります『識名坂の遺念火』とは、沖縄に古くから伝わる悲恋の物語なのです。

その昔、中の良い若い男女が、わがままな男の恋の横恋慕にあい、不幸な死によって亡くなりました。しかし、殺された二人は成仏できずに幽霊となって日毎、夜毎に、恨みを持つ相手のもとへ出没するようになります。悲しい悲しいお話しではありますが、二人は死してなお、あの世で仲良く幸せに暮らす事ができました。識名坂に時折り目撃される遺念火は二人の魂がいつまでも永遠に結ばれている絆の証でもあるのにちがいありません。

沖縄県那覇市の画家、小浜晋氏はライフワークとするキャラクター『ぶながや』をテーマとして絵画、絵本、ブログなど創作活動を行なっており、自然環境の良いところに住むと言われる『ぶながや』を通じて平和とエコロジーを訴え続けている。

小浜 晋(こはま すすむ)BUNAGAYA作家。

1948年沖縄の北、通称山原(ヤンバル)の本部町浜元に生まれる。
1970年沖縄の地元印刷会社に入社。1972年独立してデザイン会社を設立後、
1978年県内の広告会社に入社。その後、地元会社勤務を経て、
2004年有限会社ぶながやを設立し、現在に至る。

『ぶながや』をテーマとして絵画、絵本、ブログなど創作活動を行なっており、
自然環境の良いところに住むと言われる『ぶながや』を通じて平和とエコロジー
を訴え続けている。

活動・受賞歴:1970年沖展初入選。以後、数々の賞を受賞。
2007年第3回「創作どうわえほん」入賞。FUKUDAポスター大賞2007入賞。
第18回手づくり紙芝居コンクール館長賞受賞
2008年ぶながや展開催(久留米 井筒屋)
2011年福島県に、ぶながや絵画100点寄贈

これもレビューや感想も書いてもらえるとありがたいです。
興味がある方は是非!!


コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Loading Facebook Comments ...