おきなわのむかしばなし ぶながやとマジムン

おきなわのおはなし
ぶながやとマジムン 

こはま しんや (作), こはま すすむ (絵)

電子書籍の買い方はこちら

378 円(税込)

※「内容紹介」からタイトルの内容をご確認のうえ、ご購入ください。

内容紹介

このお話しは、日本の南の果ての島、沖縄に古くからいい伝えられてきた、伝説の生き物「ぶながや」の物語である。そもそも「ぶながや」とは、森の精霊のようなもので、自然をこよなく愛し、平和を願う心優しき生き物なのです。現在でも沖縄の豊かなヤンバルの大自然に育まれて、静かに森の奥深くで、仲間たちと仲良く平和に暮らしているといいます。

この物語は、ぶながやと森の仲間達がヤンバルの自然を舞台に活躍するゆかいなお話しです。登場人物にマブイという女の子が登場しますが、この女の子はユタの血を受け継いでいて、数々の不思議な力を出すことができます。今回のお話しでも、ぶながやを助けてマジムンをこらしめるのに、一役かっています。

小浜 晋(こはま すすむ)BUNAGAYA作家。

1948年沖縄の北、通称山原(ヤンバル)の本部町浜元に生まれる。
1970年沖縄の地元印刷会社に入社。1972年独立してデザイン会社を設立後、
1978年県内の広告会社に入社。その後、地元会社勤務を経て、
2004年有限会社ぶながやを設立し、現在に至る。

『ぶながや』をテーマとして絵画、絵本、ブログなど創作活動を行なっており、
自然環境の良いところに住むと言われる『ぶながや』を通じて平和とエコロジー
を訴え続けている。

活動・受賞歴:1970年沖展初入選。以後、数々の賞を受賞。
2007年第3回「創作どうわえほん」入賞。FUKUDAポスター大賞2007入賞。
第18回手づくり紙芝居コンクール館長賞受賞
2008年ぶながや展開催(久留米 井筒屋)
2011年福島県に、ぶながや絵画100点寄贈

興味のある方はぜひ!


コメントを残す

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

Loading Facebook Comments ...