「まちプランナー 令和4年3月号」広報誌内マンガ「漫画でわかる 駐留軍用跡地のまちづくり Vol.2」やりました!

 

「まちプランナー 令和4年3月号」
広報誌内マンガ「漫画でわかる
駐留軍用跡地のまちづくり Vol.2」制作

http://atochi.ogb.go.jp/shienjigyo

発注元:宣伝
マンガ:喜名常稀
編集:島袋直子
発行:内閣府 沖縄総合事務局 総務部 跡地利用対策課
サイズ:A4判

内容紹介

こちらは3月に発行されました。
「まちプランナー 令和4年3月号」冊子内マンガ「漫画でわかる 駐留軍用跡地のまちづくり Vol.2」のお仕事報告です!
内閣府 沖縄総合事務局 総務部 跡地利用対策課は、市町村支援事業として米軍基地変換跡地利用の実現に向けた主体的な取組を行っている市町村に対し、適切な支援を行うことを主目的に平成11年度から事業を実施しています。
市町村にとって適切な支援を行えるよう、「駐留軍用地跡地利用推進懇談会」を設置するとともに、県との密接な連携の下、アドバイザー派遣など柔軟な支援方策を展開しています。

この広報誌は、地権者の駐留軍用地跡地利用の機運醸成及び合意形成を図るべく関係市町村に配布しています。
在沖米軍の施設・区域及び変換施設の位置図や、有識者インタビュー、跡地利用に伴う事例などの文字情報の後に、「漫画でわかる 駐留軍用跡地のまちづくり Vol.2」として、跡地利用の意義や活用法を漫画で解説しています。

制作は喜名常稀先生と私と宣伝の担当者でした。
取材は無しでしたが、たくさんの資料を喜名先生の想像力と構成力で描いてもらいました。
さすが喜名先生です。

そして企業の皆様、マンガはもちろん、マンガ以外も取材から完成まで可能ですので、お仕事お待ちしてます!